一人で賞金250万円も!アメリカのライブクイズ「HQ Trivia」について

2018年3月12日ニュース

HQ Triviaとは

HQ Triviaとは、アメリカで大流行しているライブクイズアプリです。サービスの開始は2017年8月で、ライブクイズのさきがけといえるサービスです。HQ Triviaの流行を受けて、現在では類似のサービスが数多く作られています。現在日本で行われているライブクイズアプリも、HQ Triviaの影響を受けて作られたと言えると思います。

2017年8月のサービスの開始以来、猛スピードでユーザー数を伸ばし、2018年3月現在では最大で1回の参加者が200万人にもなっています。

参加方法

アプリをインストールし、配信時間にアプリを開くだけで簡単に参加できます。開催時刻は日本時間で午前4時と午前10時です。

出題形式と問題の傾向

3択問題が12問出題されます。制限時間は10秒で、一度回答をタップすると変更はできません。基本的には日本で行われているライブクイズと同様のルールです。ただし問題は当然すべて英語で出題されます。英語の練習になりそうです。

序盤は簡単で、徐々に難しくなっていきます。問題はアメリカ人とイギリス人を対象に作られています。日本人にとってはエンタメ系、スポーツ系の問題はかなり厳しい戦いとなります。私も何度かチャレンジしましたが、正直全問正解はかなり厳しいという印象です。

クイズの様子はYouTubeにも多数動画がアップされているので、チェックしてみるとよいかもしれません。アメリカのクイズ番組の雰囲気が味わえて楽しいです。進行も非常にサクサクしており心地よいです。

賞金額と賞金の形式

賞金額は回によって異なり、数千ドル(数十万円)から数万ドル(数百万円)です。賞金はPayPalで払い出すことができます。

賞金ランキングを見ると、1位の人は25,000ドル(約250万円)獲得していることがわかります。この方は25,000ドルを一度のゲームで獲得したようです。2位以下も8000ドル台(約80万円台)が何人も続いています。

運営会社について

6秒間の短い動画を共有するサービス「Vine」の創業者が立ち上げたIntermedia Labsという会社です。ライブクイズ界のトップランナーといえる会社なので、今後の動きは日本のライブクイズにも影響を与える可能性があると思います。現在はまだ特に収益は得ていないようですが、ユーザー数が集まっているので、どのように収益化するのかも含めて今後が楽しみなサービスです。