ライブクイズPAP(パップ)の参加方法

2018年2月27日PAPの参加方法

概要

ライブクイズアプリPAP(パップ)の参加方法を説明します。PAPはライブクイズに特化したアプリで、2018年2月26日現在、不定期日程で開催されています。初回配信の2018年2月25日の賞金は10万円山分けでした。まだ知名度が低く、穴場といえるかもしれません。

スマホアプリをインストール

PAPアプリをインストールします。TwitterアカウントかLINEアカウントと連携してユーザー登録を行います。登録方法によって賞金受け取りの手続きが変わってきます。私はTwitterアカウントで登録したので、Twitterのダイレクトメッセージで賞金受け取りに関するやり取りを行いました。

配信を視聴

1問目の出題前に配信に参加する必要があります。出題開始後に配信に入ってもクイズには参加できません。トラのパップくんが司会を務めます。

クイズに回答

3択問題が10問出題されます。選択肢は一度タップすると変更することができません。制限時間は10秒です。選択しないまま制限時間を超えると、誤答扱いになってしまいます。制限時間ギリギリに答えても、間に合わないケースもあるようです。1問ごとに正解発表があり、何人が勝ち残っているかがわかります。

 

問題の傾向

序盤は簡単な問題で、徐々に難しくなっていく傾向があります。正統派のクイズ問題で、学問から雑学、芸能やスポーツなど幅広いジャンルからバランスよく出題されます。

PAPでは、一人あたり賞金が一定額を下回った場合、賞金の配布は無しになります。その代わり問題は難しめに設定されており、一人あたりの賞金額が大きくなるよう調整されています。初回配信では、賞金10万円を4人で山分けとなりました。

詳細は過去問をチェックして傾向をつかんでください。

復活ライフで敗者復活

PAP」には「ライフ」というシステムがあります。復活カードを消費することで1ゲームにつき1回のみ、間違えてしまっても復活することができます。

ホーム画面から右上の設定ボタンから、招待コードを入力することができます。招待コードを入力すると、お互いに「復活カード」を獲得できます。よろしければ私の招待コードをご利用ください↓
0ps07f

賞金の受け取り

出題が終わると、全問正解者の発表があります。賞金総額を全問正解者で山分けします。賞金は銀行口座に現金で振り込まれます。現金での振込はライブクイズで唯一です。ただし振込手数料はユーザーの負担となります。

Twitterアカウントで登録した場合、PAP公式アカウントをフォローし、ダイレクトメッセージを受け取れる状態で連絡を待ちます。PAP公式アカウントからダイレクトメッセージ経由で連絡が来たら口座情報を送り、あとは振り込まれるのを待ちます。

アプリについて

PAPは日本では新しい、ライブクイズに特化したアプリです。運営会社は「SOFA合同会社」となっています。こちらの社名で検索すると会社のウェブサイトが出てきます。かっこいいデザインですが、まだ内容はほとんどありません。

http://sofa-llc.com/

代表者の八木 悠輔さんについて検索してみると、教育アプリschooのデザイナーの方のようです。schooでもライブ配信を行っているとのことで、そのノウハウがライブクイズ運営にも活かされるのかもしれません。初回配信では他のライブクイズと比較してもクイズの質が高く、司会も面白かったです。現在のところ不定期開催ですが、今後にも期待したいです。